業務用使い捨て弁当箱など使い方いろいろ。曲げわっぱ・曲物ご紹介(山田曲物株式会社)
山田曲物株式会社
  • 創業95年の食品容器製造メーカー 山田曲物株式会社曲げ物、曲げわっぱの山田曲物株式会社

山田曲物の会社情報

  • HOME »
  • 山田曲物の会社情報

会社情報

山田曲物は、大正13年の創業以来、贈答用土産物等の食品容器の製造を一貫して継続してきました。
創業当初は、提灯の口輪* の加工からスタートした「曲げわっぱ」の製造も、多くのお客様に支えられて大きく成長し、全国のお客様に安定してご提供できるようになりました。現在では、機械化と自動化を進め、均質な製品を量産できる体制を確立しています。
時代とともに新しい素材を生かした製品開発に挑むことで、熟練された技術と製造ノウハウを蓄積し、曲物と化成品を連携させた国内でもユニークな食品容器メーカーとして新たな提案を続けています。

* 提灯の口輪につきましては現在製造しておりません。

会社概要

社名 山田曲物 株式会社(やまだまげもの)
代表者 代表取締役 山田邦博(53歳)
本社所在地 〒453-0013 愛知県名古屋市中村区亀島2-13-12
電話番号 052-451-2005
FAX番号 052-451-2335
創業 1924年4月
資本金 1000万円
お問合せ 左メニュー「お問合せフォームより」お願いいたします。

※電話・お問合せフォームの対応は平日限りとなります。(土日祝は休業です)
何卒ご了承ください。

アクセスMAP(山田曲物株式会社:本社)

愛知県名古屋市中村区亀島2-13-12
JR、名鉄、近鉄、地下鉄「名古屋」駅より徒歩7分。
地下鉄・東山線「亀島」駅より徒歩5分。

山田曲物・本社

Google Mapはこちら 

会社沿革

1924(大正13)年名古屋市西区江中町(現・城西)にて創業。
1947(昭和22)年本社・工場を名古屋市中村区亀島に移転。
1970(昭和45)年紙製品の製造を開始。
1975(昭和50)年化成品(プラスチック真空成型容器)の製造を開始。
(2018年プラスチック製品の生産を終了しました。)
1977(昭和52)年化成品工場を西春日井郡西春町(現・北名古屋市)で稼働。
(2018年プラスチック製品の生産を終了しました。)
1980(昭和55)年本社第2工場稼働。
PAGETOP
Copyright © Yamada Magemono Inc., All Rights Reserved.